読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゅーちゃんのQQブログ

主に英語の勉強について、アトピー治療、美容、旅行、その他

日本人の英語が恥ずかしい?色んな国の人たちの英語を聞いて思うこと

「日本人は英語が下手だから、ネイティブには聞き取ってもらえない」

そんな絶望感で英語をあきらめるのは、実にもったいないことです。

 

私は仕事上、英語がネイティブの方たちだけではなく、世界中の国の方たちと英語で話します。

そこで感じるのは、どんな訛(なまり)のある英語でも、大切なのは「伝える」「伝わる」ということ。

 

世界中には、たくさんの英語の訛(なまり)があります。英語ネイティブの人たちでも、それぞれ訛(なまり)があります。

 

傾向として、英語が苦手な人が多い国というのも確かにあります。しかし、育った国は英語ができない1つの理由にはなるかもしれませんが、私(あなた)が英語ができない言い訳にはなりません。

 

日本は英語圏で作られた映画もたくさん観られますし、英語の教材も多すぎるくらいあります。カタカナ語が英語の障害になっているという意見もありますが、意味を知っている単語がある、というだけでも日本人は有利だと思います。

トマトやポテトの意味を小さい時から知ってるだけでもラッキーですね。