読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゅーちゃんのQQブログ

主に英語の勉強について、アトピー治療、美容、旅行、その他

逆境を味方にするコツ【勉強】【試験】

試験などの大切なイベントの前に、体調が悪くなったり、怪我をしたり、忙しかったり、精神的にまいっていたりして、万全の体制で挑めないことがあります。

 

そんな時に「今回はやめておく」という選択をするのも一つの賢い作戦だと思います。

 

しかし、あえてチャレンジするという選択をした時に、そういった逆境を味方にする考え方についてお話したいと思います。

 

考え方次第で逆境はあなたの味方になる

 
f:id:qsheril:20170506180644j:image

1.逆境の時に自分がどれくらい集中できるか試す気持ちでやる

コンディションが悪いときには、なかなか集中できないと思うかもしれません。

 

そんな時は「コンディションが悪い時の自分はどれくらい集中できるのか」試す気持ちでやってみるといいでしょう。

 

ダメな状態のベストを測ってみましょう。

案外ダメな状態の底力がわかるかもしれません。

 

2.ベストの時のための練習だと思う

今回はベストなコンディションでないのなら、次のベストな状態の時のための練習だと思えば、プレッシャーが少なくなります。

 

特に試験というのは必ず緊張するものだし、体調がどんなに良くても雰囲気にのまれてしまうことがよくあります。

 

試験の場を経験すること自体が次の試験に役立つのです。

限りなく本番に近い模擬試験をお金を払ってしていると思いましょう。

 

3.言い訳はすでに用意されている

ベストなコンディションの時には、結果を出せなかった時に悔しい思いをします。

 

でも逆境の時はすでに言い訳が用意してあるので、そこまで悔しくありません。

 

ダメでもともと!もしいい結果が出たらラッキー!と思えばリラックスできます。

 

4.気分転換だと思う

コンディションが悪いときは、自分の健康のことや、その他の悩みごとが渦巻いているものです。

 

そんな状態に身を置き続けるのも心や身体を癒す方法ですが、あえてリフレッシュのために試験を利用してみるのです。

 

準備が万全でない状態で試験を受けると、試験中は当然余裕がありません。

 

試験を受けることによって、悩みごと以外のことで頭がいっぱいになるので、ちょっと気分転換になります。

 

悩んでいる時に気分転換はなかなかできないものですが、試験が始まってしまえば試験の空気にのまれて頭を働かせてしまいます。

 

悩んでいることから気持ちの距離をおくことも、時には癒しを与えてくれるものです。

 

逆境のときこそ試験をうけてみよう

逆境というのは、試験などのイベントの時にはできれば避けたいものですが、運悪くそのような状態になることはあります。

 

でも、そんな辛い状態の時にチャレンジした方にはきっと、何か得るものが用意されていると思います。

 

その贈り物はどんな形で贈られるかわかりませんが、必ずやってきます。

自信がなくてもチャレンジする自分を誇りに思ってほしいなと思います。

 

幸運を願います。

読書にオススメの場所【パート3】

読書はあまり音を出さず、ページをめくる以外は動かない活動ですので、読む本と明るさがあれば、どこでもすることができます。

 

とはいえ、読書がはかどる場所と、そうでない場所があるようです。

 

前回のパート2に続いて、読書にオススメの場所を紹介したいと思います。

 

読書にオススメの場所【パート3】

 

15. 病院の待合室

病院に行くときには、本を持っていくと長い待ち時間も退屈することはありません。

本を読むつもりで病院に行ったと思えば「待たされた!」と言う気持ちにならないものです。

逆に「呼ぶの早いな、いいところだったのに!」と感じます。

 

また、病院に行くときは体の不調などで気持ちが落ち着かないこともあるので、どっぷりと本の中に入り込むと、気が紛れます。

 

病院では、携帯電話の使用を控える方がいいので、紙の本を持参しましょう。

 

16. ミスタードーナツ

言わずと知れた日本のドーナツショップ。

甘いドーナツ&おかわり自由のコーヒーの組み合わせは、本をゆっくり読むのにぴったりです。

 

時間帯によっては、混雑してゆっくりできない時があるので、夜遅い時間や早朝などの、人が少ない時間がオススメです。

 

 17. バー

お酒を一人で飲みに行く方向け。

仕事帰りに一人でバーに寄って帰る私の友人からのオススメです。

 

お酒と読書は意外と相性がいいとのこと。

ちなみに私はお酒は人と飲むので、一人バー読書はしたことはありません。

今度チャンスがあれば試してみます。

f:id:qsheril:20170329212217j:plain

 

18. 図書館

図書館は誰でも無料で本が読める、素晴らしい場所です。

また、本を求める人が集まっているという環境が、読書心を盛り上げます。

 

いいなと思ったら借りて帰ることもできる図書館は、お金をかけずに読書を楽しみたい人の味方です。

 休日に行ける図書館があるというのは、幸せなことです。

ぜひ活用して、お得に読書を楽しみましょう。

 

20. トイレ

本の作者の方には申し訳ないのですが、トイレに文庫本を置いておくと、トイレを家の中の避難場所にできます。

特に恋人や家族と住んでいると、一人の空間が確保できずにストレスがたまることがあります。

そんなときに、少しの時間だけでも鍵をかければ誰も入ってくることのできないあの閉じた空間に逃げ込んでしまうことができます。

 

そこに本があると気持ちのリフレッシュになります。

他の家族がトイレを本当の目的で使いたい場合は、文句を言わずに譲りましょう。

 

19.本屋

本屋に行くと、常にたくさんの本との出会いがあります。

買って帰りたい本を選んでいるその瞬間も、裏表紙や始めの数ページを読んでいますので、楽しい読書の時間です。

 

また、最近は本屋さんにカフェを併設しているところや、ゆっくり本を読めるスペースを設けているところが増えてきているので快適に本を読むことができます。

 

20. ファミレス

人が少ない暇な時間帯に限りますが、ファミレスでの読書ははかどります。

料理を待つ時間、ご飯を食べた後のゆっくりした時間を読書をして過ごします。

 

ドリンクバーが付いているところが多いので、そいった場所ではいろいろな飲み物を楽しみながらゆっくり本を読むことができます。

 

どんな場所でもできる読書をもっと身近に

改めてどんな場所で読書をするのがオススメか考えてみると、本当にたくさんの場所で楽しく快適に読めるなと思いました。

 

人との楽しい時間を過ごす前後や、予定のない日や、忙しくしている中で突然スキマの時間ができたとき、一人の時間の過ごし方に悩んでいる方が多いのではないかと思います。

また、日々の忙しさに、気持ちを切り替えるのが難しく感じることがあります。

そういった時に読書をすると、別の世界を感じることができ、一人でもリフレッシュすることができます。

 

私がおススメする20箇所だけでなく、たくさんの場所で読書を楽しむことができるので、そいうったチャンスがあったときのために、カバンやポケットに本を入れておくのはいかがでしょうか。

 

読書にオススメの場所20箇所【パート2】

忙しい時は、読書の時間と場所を確保するのが難しいです。

 

それでも忙しい日常の現実から少し離れて、別の世界を感じることで、気持ちが切り替わり、その後のことがスムーズにいくことがあるので、できるだけ本は持ち歩いています。

 

前回のパート1に続いて、読書にオススメの場所を書きたいと思います。

 

読書にオススメの場所20箇所【パート2】

 

8. ソファ

自宅のソファでは、誰の目を気にすることなく、自由な姿勢で読むことができます。

私はよく、背中までソファに沈めて外ではできない座り方で読みます。

本を読んで気持ちよくなったら、そのまま少し横になってうたた寝することもあります。目が覚めたら寝転がっだまま読みます。

 

カウチポテト(ソファに寝そべって、ポテトチップスを食べながらテレビを観てだらだら過ごすこと)もなかなか魅力的な休暇のスタイルではありますが、カウチ読書もオススメです。

 

9. 会社

 仕事で上手くいかない時は、休憩中に本を読むことがあります。

今の職場には休憩室があるのですが、休憩室がない職場ではデスクや食堂で読んでいました。

 

仕事上の問題は、解決策を延々と考え続けるより、いったん問題との距離を置いてみると意外といい方向に進むものなので、会社で読書、ぜひお試しください。

 

10. ホテル

旅行先や、出張先のホテルで読むと、家とは違った気分で読書を楽しめます。

家とは違うのは、他の誘惑(今読んでいる本以外の本や、家事など)が少ないので、集中して持って来た本を読めるところです。

 

滞在先で読む本を選ぶ時間も楽しみの一つだったりします。

特に海外の一人旅に持って行く本は、服を選ぶよりも時間がかかります。

 

11. 飛行機

新幹線に共通するところもありますが、だいたいのフライトが1時間以上なので、本を読むにはぴったりです。

 

f:id:qsheril:20170321082356j:image

また、飛行機では電子機器の使用に制限がありますが、紙の本については制限はありませんので、気にせず楽しめます。

 

飛行機に乗る場合、飛行機の中だけでなく、飛行場までの移動や、ゲートでの待ち時間で結構時間を持て余します。

本を持っていると、それらの時間もすべて読書の時間に変えることができます。

 

12. 実家、あるいは祖父母の家

帰省したときの久しぶりの家族や友人との団欒は楽しい時間ですが、とくに実家が田舎だと、何もすることがない時間が出てきます。

 

安心できる実家や祖父母の家での読書の時間は、ゆったりとした気分で楽しむことができます。

また、両親や祖父母にとっても、久しぶりに帰ってきた子がスマホばかり触っているよりは、読書をしている方が、「真面目にがんばっているんだな」という気持ちになれるかもしれません。

 

13. ショッピングモール

ショッピングモールでお買い物をしていると、モール内をうろうろと長い距離歩くことになるため、とっても疲れます。

そんな時、ショッピングモールに置いてある椅子で休憩がてら本を読んでいると、気づいた時にはかなり集中して最後まで読んでしまうことがあります。

 

程よい騒音と、疲れた体の読書ははかどりますし、ショッピングモールの休憩用のソファは意外に快適です。

喉が乾いたらカフェへ、読む本が必要になったら本屋へ、と必要な施設が近くにあるので便利です。また、快適さが天気に左右されないところも魅力的。

気分転換に、モール内にあるソファをはしごするのもオススメです。

土日ではなく、人が少ない平日が程よい開放感を感じられます。

 

14. 駅

駅で電車を待つ時間や、人と待ち合わせをする時間を、読書をすることで活用できます。

 

また、駅のベンチで予定と予定の間に読書休憩をはさめるので、フレッシュな気持ちで次の予定に向き合えます。

たとえば出勤の時は、仕事のことをモヤモヤ考えるのではなく、読書をすると気持ちが前に向きます。

また、仕事帰りは駅で読書をすることで、帰宅後の家事がスムーズになります。

商談の前、デートの前、飲み会の帰りに駅読書はいかがでしょうか?

 

 読書は気持ちのリフレッシュにぴったり!

いろいろな場所で気軽にできる読書ですが、私の感覚では瞑想に近い効果があると思います。

いつもカバンの中に本が入っていると、どんな場所でも気分転換ができます。

 

パート3では、続きの15から20をご紹介します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

読書にオススメの場所20箇所【パート1】

本を読むと、現実とは離れた別の世界に行くことができます。

 

読書は読む物さえあれば、どこでもすることができるので、忙しい方にはピッタリの趣味だと思います。

 

今回は、読書をするのにオススメの場所を20箇所、紹介します。

 

読書にオススメの場所20箇所【パート1】

 

1. 喫茶店

喫茶店の程よいうるささは、快適な読書を楽しむためにピッタリです。

喫茶店の場合、喫煙者か、ノンスモーカーで行きたい場所が変わってくると思います。

 

喫煙する方は、昔ながらの純喫茶を選ぶと本・コーヒー・タバコ、とクールな組み合わせを楽しむことができます。

ノンスモーカーは、スターバックスや、わりあい新しい禁煙のカフェを選ぶと、スタイリッシュな空間で快適に読書ができます。

 

f:id:qsheril:20170318200859j:plain

 

読書をする喫茶店を選ぶときに私が基準にしているのは、スペースが広いかどうかです。

せっかくお金を払って読書の時間と場所を確保するなら、広くて気持ちがいい場所がいいからです。

 

お気に入りの喫茶店をいくつか見つけておくと、ストレスが溜まったときに本を抱えて現実から逃げることができます。

 

2. 自宅のダイニングテーブル

あえてご飯を食べる場所で読書をするのが好きな理由は、パソコンデスクや書斎とは違い、テーブルの上がガランとしいて物が少ないからです。

 

また、キッチンが近くにあるので、読書をしながらコーヒーやお気に入りの飲み物を飲んだり、お菓子をつまんだりするのに便利な場所でもあります。

 

f:id:qsheril:20170318192704j:plain

家族がいる人にとっては、リビングにいる家族との適度な距離感を保ちつつ、家族の存在を感じながらゆっくり読書をすることができる場所です(食事の時間以外限定ですが)。

 

3. 電車の中

座ることができれば、程よい揺れと騒音の中で、気持ちよく本を読むことができます。

また、立っていなければいけない場合でも、本を読んでいれば、あっという間に時間が過ぎるように感じます。

 

f:id:qsheril:20170318194301j:plain

最近ではほとんどの人がスマホを触っている中、あえて紙の本を読んでいる知的な自分に酔いしれるのも1つの楽しみかもしれません。笑

 

4. 新幹線の中

新幹線は、長時間の移動になることが多いです。

私にとっては、新幹線=読書の時間なので、チャンスとばかりに何冊か読みたい本を持ち込みます。

長距離の移動を考えてつくられたシートですので快適に読むことができます。

 

オススメは、先に駅弁を食べて、そのあと本と車窓の景色を交互に楽しみつつ、眠たくなったら、途中でうたた寝をすることです。

f:id:qsheril:20170318193141j:plain

なぜかとっても優雅な気分になります。

 

5. 公園のベンチ

気候が快適な時期限定にはなりますが、公園のベンチも気持ちよく読書ができます。

公園での読書は、広いスペースの気分の良さと、自然と一体となった気分を感じられます。

 

好きな飲み物を持っていって、サンドイッチなどつまんで食べることができる軽食を持っていくと、なお良しです。

ゆっくり読みたい場合、日傘、座布団を持っていくとさらに快適で、ちょっとしたピクニックのようでワクワクします。

 

6. 海や川が見られるデートスポット

だいたいのデートスポットには、カップルが座ってくつろげるベンチ、そして海や川や夕日などの美しい景色があります。

そういった場所はカップルが愛を深めるには最高の場所でもありますが、本を読むにもいい場所です。

幸せそうなカップルの笑い声がほどよいBGMになります。

 
f:id:qsheril:20170318193638j:image

度を過ぎてイチャイチャしているカップルの声が耳について集中できない場合は、深呼吸をして座る場所を変えましょう。笑

 

読書に向いている場所のポイントは、広さ・自然とのふれあい

どこでも読書をしている私ではありますが、せっかくなら気持ちいい読書がしたい。

私が気持ちよく読書できるおすすめの場所1から6までご紹介しました。

 

 パート2、パート3で残り14箇所を書きます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

砂糖をやめたら、美白になって乾燥肌とシワが改善した!【美肌】

私はまだ20代であるにもかかわらず、極度の乾燥肌と、肌のくすみと、目の下のシワが気になっていました。鏡をみるたびため息が出ていた毎日。。。

 

前回紹介したアトピーの治療のため、この一週間ほど砂糖をできるだけ避けているのですが、肌に驚くべき変化が起きています。アトピーの症状が改善してきただけではなく、なんと乾燥肌、くすみ、シワがほぼ全て改善してきているのです。

 

砂糖を避けるとは、具体的に何をするのか?

皮膚科の先生に、アトピーの治療のために砂糖の入ったお菓子や飲み物を摂らないように、と指導されています。

 

 

 

そこで、ご飯は普通に食べて、甘いものが欲しくなったらおやつの代わりに果物か、果物が入った無糖のヨーグルトを食べています。大好物のコーヒーには砂糖は入れず、ブラックで。甘い飲み物(100%の果物ジュースや、エナジードリンク含む)は避けています。

禁断症状なのか、甘いものへの欲求がものすごいので、どこへ行くにも気軽に食べられる甘いバナナは手放せません。

 

どれくらいで効果が出たのか?

自分でも信じられないくらいなのですが、砂糖の入ったものを摂らない指導を受け始めてから、なんと一週間で私の肌がガラッと変わりました

 

アトピーがほぼ改善し、肌に潤いが戻ってきていて、皮向けがほぼなくなり、シワがなくなり、肌が白くなりました。

この3年間、願い続けた美肌が戻ってきた感覚です。

 

砂糖をやめてどんな変化があったのか?

まずは日に日に肌の乾燥が良くなってきて、ツヤが出てきました。

しかも、黒ずみや赤みがかなり取れて、身体中の肌が全体的に白くなったのです。

ここ3年間ほどアトピーに悩まされていて、肌のくすみや、体の赤みはあきらめ始めていたところでした。赤みもほとんど消えました。

 

また、この冬に入ってから目の下に細かいシワができて、ファンデーションで余計に目立ってとても憂鬱だったのですが、この一週間で数年前の状態に戻ったのです。

 

 

砂糖の魅力と怖さ

営業のサラリーマン時代〜結婚にかけて、おそらくストレスで、甘いものを無意識にたくさん食べていたのだと思います。

 

だいたい私の1日は、朝、コンビニであんまんやチョコを買って始業前に食べて、仕事の休憩中にお菓子を食べて、昼ご飯のあとにデザートを食べて、時にはエナジードリンクを飲み、仕事のあとは夕食の支度の前に甘いお菓子を食べ、夜ご飯のあとにデザートを食べる、という生活でした。

 

さすがに書いていて自分でも食べ過ぎだとは思うのですが(笑)砂糖の入ったものをやめるまでは完全に無意識で食べていました。

 

甘いものを食べると幸せになるので、いつの間にか甘いお菓子は私の心の支えになっていたのです。マカロン、あんまん、チョコレート、アイス、ケーキ、クッキー、カップケーキ、全部大好きです。甘いものは辛いときに心に寄り添ってくれる大切な友達だと思っていました。

 

ですので、甘いものを避けるのは辛いです。正直。バナナがなかったら私のチャレンジは一週間ももたなかったでしょう。今はバナナが新しい友達です。

 

先生は、アトピーが治れば少しはお菓子食べられるよ、と言ってくださったのですが、ここまで肌が変わった今、目の下のシワや肌のくすみや、乾燥に悩むくらいなら、お菓子を食べまくる生活には戻れないです。

 

そりゃぁ気にせずお菓子をたべられるならそれに越したことはないのですが、美肌はあきらめられない。

 

またしばらく経ってからその後の変化を書きたいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

たくさん睡眠をとって、砂糖を避けたら、アトピーに変化が!

私は大人になってから発症したアトピーに悩まされています。

 

3年くらい前から、顔と体が赤くなって汁が出て、しばらくすると乾燥して皮が剥けて、一瞬キレイな肌がでてきたと思うとまた赤くなって…というのを繰り返してきました。

 

とっても悩んで、効くと思われる色々なことを試しましたし、皮膚科も4件通いました。

かけたお金は…計算するのも恐ろしいです。化粧品、病院など合わせて、わかる範囲で数十万にのぼります。もっと治療歴が長くて、もっとお金をかけた方もたくさんいると思います。

それだけアトピーは心の中に入り込んでくるので、お金のことは二の次になってしまいます。

 

皮膚科でステロイドの塗り薬と、アレルギーを抑える飲み薬をもらっていました。しかし薬を使って状況が治る→症状がひどくなる→治る→さらにひどくなる→治る→手を付けられないくらいひどくなる→…………の繰り返しで、だんだんと悪くなっていったのです。

 

幸運にも、最近通い始めた4件目の皮膚科でやっと良い先生にめぐまれました。

 

先生からのアドバイスは、眠いと思ったら朝8時〜昼12時を避けて、できるだけたくさん寝ることでした。

たくさん寝ることで、ストレスが少なくなる。ストレスが少なくなると、甘いものへの衝動が少なくなる。甘いものを食べるのが少なくなると、症状も軽くなる。とのこと。

 

半信半疑でたくさん寝てみると、どういう仕組みか、甘いものを衝動的に食べまくることが減って、アトピーの症状が軽くなってきたのです。

 

まず、汁は出なくなりました。まだ赤く痒くなることもありますが、前のように泣きながら汁を拭いたり、掻きむしることはなくなりました。

 諦めていたメイクもできるようになりました。涙

 

こんなに素晴らしいアドバイスをくださった先生には感謝でいっぱいです。

 

この先生は漢方の薬を処方してくださったり、塗り薬を処方してくださったりするのですが、薬だらけの治療だった今までにない回復ですから、アドバイスの力が大きいと思います。

 

アトピーの治療のために何か試したいと思う方は、たくさん睡眠をとることと、甘いものを控えることを是非やってみていただきたいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コールセンターあるある

私はコールセンター働いているのですが、他の業界で働いていた時にはなかったような面白いことが次々に起こります。

 

そこで、まだ新人の私ではありますが、コールセンターにありがちなことをまとめてみました。

 

コールセンターあるある

  1. 座る席がその日の仕事を占う
  2. 声が大きいお姉さんの横になるとしんどい時がある
  3. キーボードを「ガチャガチャガチャ、ターン!」と叩く人がいる
  4. 終話すると必ず何かひとこと言う人がいる
  5. SVはまるで学校の先生だなと思う時がある
  6. 上司に転送できると知ったとたんにお客さんに優しくなれる
  7. たびたび「私語を控えましょう」と注意される
  8. 他の人が話す文法まちがいが気になる
  9. ミス報告書という執筆作業で肩がこる
  10. 職場の友達の年齢層がひろがる
  11. 職場なのに学校みたい

 

コールセンターと言う名の学校に通っているみたいで、毎日たのしいです!

他のコールセンターのあるある、きいてみたいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!