きゅーちゃんのQQブログ

主に英語の勉強について、アトピー治療、美容、旅行、その他

たくさん睡眠をとって、砂糖を避けたら、アトピーに変化が!

私は大人になってから発症したアトピーに悩まされています。

 

3年くらい前から、顔と体が赤くなって汁が出て、しばらくすると乾燥して皮が剥けて、一瞬キレイな肌がでてきたと思うとまた赤くなって…というのを繰り返してきました。

 

とっても悩んで、効くと思われる色々なことを試しましたし、皮膚科も4件通いました。

かけたお金は…計算するのも恐ろしいです。化粧品、病院など合わせて、わかる範囲で数十万にのぼります。もっと治療歴が長くて、もっとお金をかけた方もたくさんいると思います。

それだけアトピーは心の中に入り込んでくるので、お金のことは二の次になってしまいます。

 

皮膚科でステロイドの塗り薬と、アレルギーを抑える飲み薬をもらっていました。しかし薬を使って状況が治る→症状がひどくなる→治る→さらにひどくなる→治る→手を付けられないくらいひどくなる→…………の繰り返しで、だんだんと悪くなっていったのです。

 

幸運にも、最近通い始めた4件目の皮膚科でやっと良い先生にめぐまれました。

 

先生からのアドバイスは、眠いと思ったら朝8時〜昼12時を避けて、できるだけたくさん寝ることでした。

たくさん寝ることで、ストレスが少なくなる。ストレスが少なくなると、甘いものへの衝動が少なくなる。甘いものを食べるのが少なくなると、症状も軽くなる。とのこと。

 

半信半疑でたくさん寝てみると、どういう仕組みか、甘いものを衝動的に食べまくることが減って、アトピーの症状が軽くなってきたのです。

 

まず、汁は出なくなりました。まだ赤く痒くなることもありますが、前のように泣きながら汁を拭いたり、掻きむしることはなくなりました。

 諦めていたメイクもできるようになりました。涙

 

こんなに素晴らしいアドバイスをくださった先生には感謝でいっぱいです。

 

この先生は漢方の薬を処方してくださったり、塗り薬を処方してくださったりするのですが、薬だらけの治療だった今までにない回復ですから、アドバイスの力が大きいと思います。

 

アトピーの治療のために何か試したいと思う方は、たくさん睡眠をとることと、甘いものを控えることを是非やってみていただきたいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!